『セロ弾きのゴーシュ』料理写真


完熟トマトと未熟なトマト、フレッシュモッツァレラチーズの
”カプレーゼ”

〜 ゴーシュの畑からとった半分熟したトマトをさも重たそうに持ってきて
「これおみやです。たべてください」
a0204451_21323637.jpg




いろいろな鮮魚のカルパッチョ
大昔の煎り酒とオリーブオイルで

〜「音楽だと。おまえの歌は、格好、過去、というだけじゃないか」
「ええ、そうなんです。それがむずかしいですからねえ」
a0204451_21164552.png




この煎り酒とオリーブオイルにつけていただきます。
a0204451_2118487.jpg




残った煎り酒は生いくらの冷製カッペリーニにかけて!
a0204451_2136442.png




フォアグラと黒トリュフのフジッリと赤ワインのスパゲティーをご一緒に
”ロッシーニ風”

〜「ぼくは小太鼓の係りでねえ、セロに合わせてもらって来いと言われたんだ」
a0204451_21192235.png

1つずつ食べてから、混ぜて食べると別のパスタに生まれ変わる


秋の味覚をたっぷりつめ込んだ鶉のロースト 
チェロに見立てて

〜「ゴーシュはちょっとギュウギュウと糸を合わせて、それからいきなりのねずみのこどもをつまんでセロの中へ入れてしまいました」
a0204451_21202452.jpg

その場でソースで弦を描き、チェロの形に!


イタリア産ジャンドゥーヤのフォンダン、トリュフの香り 
冷たい枯葉のミルフィーユ

〜「ああ、かっこう、あのときはすまなかったなあ。おれは怒ったんじゃなかったんだ」
a0204451_23292954.png

温かさと冷たさ、両極を表現



最後にチェロの弓に見立てたシナモンのチュロスと
ゴーシュの庭から連想したハーブティーでしめくくり!
[PR]
# by koike_taeka | 2012-12-29 12:37 | 『セロ弾きのゴーシュ』